アイキララが効果なしと言われてしまうのは何故!?

アイキララはモンドセレクション金賞を受賞した優れた化粧品です。
しかも、目の下の悩みを解決するという、目の下にフォーカスしたクリームです。

人間の顔は目ですべてが決まります。
魅力的な人や美しい人は目が綺麗だと言われますよね。
反対に目が暗い人はあまりいい印象を与えません。

そういった意味でアイキララは、一人でも多くの人に目元美人になってもらいたく、今までなかった皮膚痩せを内側からサポートする役割を果たしているのです。

そんなアイキララですが、アイキララは効果なしという噂を耳にすることがありました。
何の根拠があって効果なしという噂になっているのか、その原因を考えてみたんです。

そうしたら、まず、ユーザーの皆さんに誤解を与えてしまっていることが分かりました。

アイキララは目の下のクマを改善するクリームですが、クマには種類があるのをご存知ですか?
種類によっては効かないクマ体質もあることを覚えておいていただきたいのです。
解説しますと・・・。

〇茶クマ・・・色素沈着などが原因のクマ
〇青クマ・・・血行不良のなどが原因のクマ
〇黒クマ・・・皮膚のたるみ、凹みなどが原因のクマ

と3種類に分かれます。

その中の茶クマに関してですが、アイキララはハロキシルという成分が配合されていて、これは血行不良で出来た色素沈着には効果があるとされているのですが、
茶クマのような色素沈着には効果がないとされているのです。

一方、青クマと黒クマの特徴を踏まえると、茶クマには効果が出ない仕組みになっていますが、青クマと黒クマには効果が出ることが分かっています。
どんな仕組みかと言いますと・・・。

青クマは目の下にうっすらと青っぽく広がっているクマ。
目の周りに集まる毛細血管が透けて見えていることで現れるクマです。

血流の滞りと目の下の皮膚の薄さが原因なのですが、ここにアイキララは目を付けました。
アイキララは内側から目の下をふっくらとさせる有効成分が配合されているんです。
これで、青クマに特化している訳ですね。

黒クマは目元の皮膚がたるんだり、痩せてしまうことで目の下に窪みができてしまうクマ。
原因は加齢によって目の周りにハリや弾力がなくなっていること。

アイキララはMGAというビタミン誘導体の一種である有効成分が、目の下の窪みや皮膚痩せによるたるみを内側から持ち上げることで改善していくというものです。

このことから、茶クマの場合はアイキララは効果なしと言い切れます。
でも、私のタイプは青クマだった、黒クマだった、だけど効果なしだった。
という方は、もう少し長いスパンで経過を観察して欲しいのです。

アイキララは肌の内側から新しい肌が作られて、生まれ変わっていくのを助けるものです。
新しい肌に生まれ変わるのは、一日で出来ることではありません。

ターンオーバーは年齢がいくほど、その周期は長くなっています。

10代 ⇒ 約20日
20代 ⇒ 約28日
30代 ⇒ 約40日
40代 ⇒ 約55日
50代 ⇒ 約75日
60代 ⇒ 約100日

このように、年齢と共にターンオーバーの周期は長くなっています。
ですから、1ヵ月アイキララを使っても効果なしと言うのは、このターンオーバーの周期が間に合っていないからなんです。

アイキララは2~3ヵ月のスパンで見ていただけると、効果を実感していただけると思います。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。