2016年 11月 の投稿一覧

アイキララの気になる評判とは?

アイキララは満足度80%以上を誇る驚異のクリーム。
目の下の悩みに特化した、今までになかったクリームとして評判も上々です。

今回はアイキララを使ってみた方の評判をまとめてみました。
良い評判も悪い評判も隠さず発表します。

やはり、一つの商品として確立しているものですから、100%の人たちから良い評判を得るのは難しいことです。
人間でもすべての人たちから好かれるのは難しいのと同じです。

もちろん、お金を出して購入するものですし、購入前は希望を持って購入しますよね。
それが合わないものだったら、残念ですし、文句の一つも言ってやろう、と思うかもしれません。

これからアイキララの購入を検討している方々の参考になればいいと思い、アイキララの評判を発表していきます。

まず、悪い評判から。
1ヵ月使ってみたけれど、目の下の悩みを解決する結果にはならなかった。

という評判がチラホラありました。
しかし、ここで気になったのが1ヵ月使ってみたけれど、という場面です。

アイキララ、実は即効性はあまりないと言われています。
何事にも一朝一夕にはいきません。
大体3回(3ヵ月)使ってみて、初めて効果を実感するものですので、1ヵ月で止めてしまったのは本当にもったいないと思います。

悪い評判はおおむね、効果がなかった、という口コミになっていますが、その中でも目の下の悩みには効かなかったけど、
このアイキララのクリーム自体は保湿にはとても効果的だった、という声もありました。

良い評判として、一番多かったのは、目の下の暗みに悩んで今まではコンシーラーや化粧で隠してきたけれど、全然隠し切れなくなってきた。
アイキララを使ったら目の下が明るくなった。
という声でした。

アイキララの本来の目的、目の下の暗さをスポットライトを浴びたように明るくする、といった意味では成功していると言えます。

目の下が明るくなった結果、年齢より若く見られるようになった、という口コミも多かったです。
これは嬉しい限りです。

ただでさえ、目の下の暗みで老けて見られることが多い方がほとんどでしたので、アイキララの本気度を届けられたことはやはり喜びです。

それに加えて、価格がお手頃だというのが良いという評判も多かったです。
ちょっとした化粧品よりずっとお安く購入できる価格設定です。

高い化粧品だからいいという訳ではありません。
特にアイキララは顔の中でも目の下と、ピンポイントで使うクリームですから、なかなか専門的なクリームは他にないのではないかと思います。

また、こんな口コミも。
凹みからくるたるみや血行不良による青クマが気になる方は、是非このクリームがおススメ。
という内容です。

目の下のトラブルとして一番に思い浮かんだのが、目の下のクマでしたが、たるみにも効果的なんて、これは新発見でした。

年を重ねるとどうしても顔の皮膚はたるんでしまいます。
目の下のたるみなんて、明らかに加齢の象徴です。

アイキララを使って良い結果が出た方々は、アイキララが手放せなくなっているようです。
アイキララを使わないと、スッピンでいることと同じくらい恥ずかしいことだと思っているようです。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

アイキララが効果なしと言われてしまうのは何故!?

アイキララはモンドセレクション金賞を受賞した優れた化粧品です。
しかも、目の下の悩みを解決するという、目の下にフォーカスしたクリームです。

人間の顔は目ですべてが決まります。
魅力的な人や美しい人は目が綺麗だと言われますよね。
反対に目が暗い人はあまりいい印象を与えません。

そういった意味でアイキララは、一人でも多くの人に目元美人になってもらいたく、今までなかった皮膚痩せを内側からサポートする役割を果たしているのです。

そんなアイキララですが、アイキララは効果なしという噂を耳にすることがありました。
何の根拠があって効果なしという噂になっているのか、その原因を考えてみたんです。

そうしたら、まず、ユーザーの皆さんに誤解を与えてしまっていることが分かりました。

アイキララは目の下のクマを改善するクリームですが、クマには種類があるのをご存知ですか?
種類によっては効かないクマ体質もあることを覚えておいていただきたいのです。
解説しますと・・・。

〇茶クマ・・・色素沈着などが原因のクマ
〇青クマ・・・血行不良のなどが原因のクマ
〇黒クマ・・・皮膚のたるみ、凹みなどが原因のクマ

と3種類に分かれます。

その中の茶クマに関してですが、アイキララはハロキシルという成分が配合されていて、これは血行不良で出来た色素沈着には効果があるとされているのですが、
茶クマのような色素沈着には効果がないとされているのです。

一方、青クマと黒クマの特徴を踏まえると、茶クマには効果が出ない仕組みになっていますが、青クマと黒クマには効果が出ることが分かっています。
どんな仕組みかと言いますと・・・。

青クマは目の下にうっすらと青っぽく広がっているクマ。
目の周りに集まる毛細血管が透けて見えていることで現れるクマです。

血流の滞りと目の下の皮膚の薄さが原因なのですが、ここにアイキララは目を付けました。
アイキララは内側から目の下をふっくらとさせる有効成分が配合されているんです。
これで、青クマに特化している訳ですね。

黒クマは目元の皮膚がたるんだり、痩せてしまうことで目の下に窪みができてしまうクマ。
原因は加齢によって目の周りにハリや弾力がなくなっていること。

アイキララはMGAというビタミン誘導体の一種である有効成分が、目の下の窪みや皮膚痩せによるたるみを内側から持ち上げることで改善していくというものです。

このことから、茶クマの場合はアイキララは効果なしと言い切れます。
でも、私のタイプは青クマだった、黒クマだった、だけど効果なしだった。
という方は、もう少し長いスパンで経過を観察して欲しいのです。

アイキララは肌の内側から新しい肌が作られて、生まれ変わっていくのを助けるものです。
新しい肌に生まれ変わるのは、一日で出来ることではありません。

ターンオーバーは年齢がいくほど、その周期は長くなっています。

10代 ⇒ 約20日
20代 ⇒ 約28日
30代 ⇒ 約40日
40代 ⇒ 約55日
50代 ⇒ 約75日
60代 ⇒ 約100日

このように、年齢と共にターンオーバーの周期は長くなっています。
ですから、1ヵ月アイキララを使っても効果なしと言うのは、このターンオーバーの周期が間に合っていないからなんです。

アイキララは2~3ヵ月のスパンで見ていただけると、効果を実感していただけると思います。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

アイキララは20代でも必需品!?目の下のクマに悩む全ての人へ!

アイキララは口コミランキングで総合第1位に輝いた、今注目のクリーム。
目の下のあれやこれに確実に対処してくれるクリームとして有名になりつつあります。

それは幅広い年齢層に支持されていて、20代から80代以上までアイキララの愛好者はいらっしゃいます。
今回は20代という若さからは想像できない、目の下のクマの対策方法を探ろうと思います。

20代は30代、40代女性と比べると、コラーゲンもまだ多いので、まだまだ目の下のクマで悩ませる年齢ではないと思っていましたが、実は切実に悩んでいる方が多いようなのです。

20代なのに、何だか顔が老けて見える人って、そういえばいらっしゃいますよね。
それは、目元が問題。
目が疲れたように見えて、くすんでいたりくぼんでいたりすると、顔が老けて見えるんですよね。

でも、まだ若干20代ですよ。
老けて見えるなんてショックじゃありませんか?

そこで20代でも現れることが多い「青クマ」について詳しく調べてみました。

目の周りには多くの毛細血管が集まっている場所です。
血行が悪くなると血液がうっ滞して、薄い皮膚から透けて青っぽく見えることがあるのです。
それが青クマです。

青クマの原因は若いからこそ、という原因も多いことが分かっています。
生活習慣の乱れだったり、ホルモンバランスの乱れだったり、寝不足も原因です。

若いうちはオールナイトで遊ぶこともまだまだ出来る年代ですよね。
まだまだイケル年代ですから、まさか、目の下のクマの原因にまで気を遣っていられないというところでしょうか?

先ほども述べたように、若いからこその原因、いわゆる現代病である、パソコンやスマホの長時間の使用による目への影響も大きいです。

同じ場所で集中して長時間使用していると、目の周りの筋肉が動かずにいるので、血行が滞ることがあるのです。

では、そんな青クマの対処法はどんなものがあるのでしょうか?

①十分な睡眠をとる
②適度な運動をする
③半身浴で全身の血流を善くする
④ミネラル、ビタミンを積極的に摂る
⑤ホットタオルえ目を温める
⑥ビタミンC誘導体などのコラーゲンを増やす成分を配合した化粧品を使う
⑦アイクリームを使って目元をマッサージする

これらが挙げられるのですが、皆さんお気付きでしょうか?
⑥と⑦はアイキララで解決できるのです!

アイキララは内側からケアするクリーム。
その成分はMGAというビタミンC誘導体の一種を配合して、ふっくらとした若々しい目元を取り戻します。

そして、コラーゲンの持つ栄養素を肌の内側にしっかりと留める働きをするので、肌に栄養分や潤いをキープできます。
その結果健康的な肌色に見えるようになります。

これらが20代でもアイキララをお勧めするポイントです。
目の下の悩みは年配の人たちだけではありません。
20代でも深刻な悩みであります。

ですから20代でもアイキララのファンが多いのも頷けますよね。
いくつになっても美しく見られることは、女性の永遠の願望です。

そのお手伝いをアイキララはしてくれる訳ですね。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

アイキララを楽天より賢く買う方法!

アイキララは原因の根本にフォーカスするアイクリーム。
目の下の悩みに効いてくれる化粧品って、意外とないんですよね。

そんな時すい星のごとく現れたのがアイキララです。
目の下の問題に悩んでいた方たちを味方につけた、今ままでになかったアイクリームなんですね。

何だか絶賛ばかりしているけど、アイキララについてもっと知りたい!という方には是非、アイキララの公式サイトを覗いてみて欲しいのです。

アイキララの色んな観点から、詳しく、分かり易く詳細が掲載されています。

それと同時に公式サイトならではの価格設定であることを知ってほしいのです。
例えば、大手通販サイトの楽天を例にしてみると、楽天でもアイキララは購入出来ます。

ポイントなのは、その価格。
楽天では1本3.218円で発売。

それで納得なら無理して止めませんが、楽天サイトを見るついででもいいので、アイキララの公式サイトもちょっと見てみて下さい。
公式サイトでは3つの定期コースを用意しています。

①お試し定期コース・・・1本2.682円(10%OFF)
定期コースですが解約はいつでもOK。
全額返金保証制度適応。

②3ヵ月毎のお届けコース・・・1本2.533円(15%OFF)
3本ですと7.599円
まとめて届くので送料の節約に。

③年間コース・・・1本2.384円(20%OFF)
12本合計で28.608円。
3ヵ月毎に4回に分けて届く。

このように長く続けていただけると割引率も高くなりますし、色んな使い分けでお得感が増します。

ここで、強く言いたいのは、楽天で購入しても公式サイトで購入しても価格しか変わらないんでしょ?
という声に対して、価格以外にもとってもお客様想いになっているという点なのです。

アイキララを気に入って続けていきたい方には、その割引率もそうですが、コースも選べるということ。
また、お試しコースなら全額返金保証がついていることも、アイキララを公式サイトで購入する方にのみ適応される制度です。

つまり、楽天で購入しても「売って」「買って」「終わり」という関係性になりますよね。
もし、楽天で購入してお肌に合わなかった場合は、誰が責任を取ってくれるのでしょうか?

また、アイキララを購入して、疑問点や質問したいことがあった場合、楽天で購入した方はどこへ連絡すればいいのでしょうか?

そういう観点から見ると、公式サイトではアフターフォローまで完璧だという点を強調したいです。

これからアイキララの購入をお考えの方には、是非、アイキララについてちょっとした知識があった方が安心して購入出来るのではないかと思います。

だって、考えてもみて下さい。
自分の目元に使うクリームですよ。
一番、皮膚が薄くデリケートな部分に使用するクリームの成分が安全かどうか心配じゃないですか?

お使いいただくなら、やはり長く使っていただきたいです。
これも一種の出会いのようなものですから、その出会いは大切にしていきたいですよね。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

青クマはコンシーラーで消える?消えない?コンシーラー選びより大事なこと!

何だか最近老けて見られる。
それって、目の下のクマの影響かもしれません。

顔の中でも目はチャームポイントに挙げる人が多い、一番顔の良し悪しを表す部位になります。
第一印象も目で決まるといいます。

そして、年齢が出やすいのも目元であります。

女性ならいつまでも若々しく、美しく見られたいですよね。
その為に、女性はお化粧をする訳ですが、ただの厚塗りにならないように気を付けなければなりません。

特に目の下のクマを隠したいために、コンシーラーを使う方も多いかと思います。
そのコンシーラーについて、少し触れたいと思います。

青クマを隠すには、固形タイプのオレンジ系のコンシーラーが適しています。
少量でもカバー力が高いので、厚塗りにならないで、あくまでも自然な仕上がりでカバーしてくれます。

反対にリキッドタイプですと、厚塗りになりやすく、崩れやすいと言われています。

そこで問題点があります。
青クマを消したいがために、コンシーラーを何度も重ね塗りしていませんか?

気持ちは分かります。
先ほども申しましたが、目の印象ですべての印象が変わってしまうのですから、出来れば目の下のクマなんてないほうがいいですものね。

ですが、時間と共にメイクは崩れてしまいます。
そうすると、厚塗りにしていた分、目の下のクマが浮き出してしまって、余計目立ってしまうのです。

厚塗りをしているとメイク直しにも苦労します。
さっとお直しがしたいなら、朝のメイクは薄塗りをお勧めします。

このように、いくらコンシーラーで隠したとしても、コンシーラーにも限界はあって消えないこともあるのです。
でも、コンシーラーが悪いわけではないですよね。

目の下のクマがなくなれば済む問題です。
ですから、ここで申し上げたいのは、目の下のクマをコンシーラーで隠しても消えないなら、もっと根本的なことに注目したいのです。
そうです、目の下のクマ自体を消せばいいと思いませんか?

その為にどんな方法があるのか?

まず、ここで青クマが消えないで悩んでいる人に、青クマになる原因から遡っていきます。

青クマは冷えや疲れからくる血行不良の眼精疲労が原因です。
そこまでなるのは、目の疲れを改善しなければなりません。

長時間のパソコン、スマホ、ゲームなどが目の疲れを引き起こすのは何となく分かると思います。
その他にもドライアイだったり、タバコを吸うことで毛細血管の収縮が原因ともなります。

青クマを改善していくには、生活習慣の見直しや、睡眠不足を今一度見直すことも必要ですが、手っ取り早く青クマを消すのなら、コンシーラーを使うのは分かります。

ですが、再三申し上げますが、コンシーラーでは消えない青クマもありますので、もっと、目の内側からケアしていかなくては根本的な解決にはならないのです。

何本ものコンシーラーを駆使して、青クマと戦ってきた方も多いかと思います。
今一度、他の方法はないか?
例えばアイクリームでマッサージする方法などもアリかな?
など、視野を広げてみませんか?

あなたに合った青クマ対策法があるはずです。

青クマの気になる原因!気を付けないといけないこととは?

朝、鏡を見ると何だかスッキリしない、疲れたような顔が映っている時ありませんか?
それって、目の下のクマがそうさせてるんです。

コンシーラーでももはや隠し切れない目の下のクマは、イヤなことに老けた印象を与えてしまいます。
その、クマは青クマと呼ばれています。

睡眠不足、疲れなどによって青クマの状態も変わってきます。
調子がいい時は薄い感じ。
体調不良の時は濃い感じ。
と、漠然したものですが、この特徴こそが青クマの証拠なんですね。

そんな青クマの正体を一言で言うならば、血液が滞ってしまって映る色が青くなって表れてしまうのです。

血液が滞るとどうなるか?
老廃物が正常に排出されないことでどうしても血流が滞ってしまい、うっ血してしまうと酸素不足になって、血液が青黒くなってしまいます。

目の周りには多くの毛細血管がありますので、下まぶたの薄い皮膚には血管が透けて見えるので、それが青クマと呼ばれるものです。

そんな青クマの原因を見ていきましょう。
自分でも気づかない内にその原因を作ってしまっているかもしれません。
逆に、原因を知ることで自分で対策出来ることもあるかもしれません。

〇全身の血行不良

青クマの主原因は先ほど申し上げました血行不良です。
この血行不良、全身の血液の流れが悪くなっていて、目元は一番その症状が目立ちやすい訳なんです。

体全体の血行不良を改善することがまず望まれます。

デスクワークなどで長時間じっとしているお仕事ですと、特に青クマが出来やすくなります。

〇低体温や冷え性

ある調べでは夏にクマが出来る女性は30%。
冬にクマが出来る女性は82%と、これだけ冬には青クマ現象が起こっているようです。

何故冬なのか?
それは、低体温と冷え性が青クマの原因である血行不良と大いに関係しているからなんです。

〇目の乾燥、ドライアイ

涙の量が足りなくなったり、涙の成分が変化することで、目を潤す水分が減ってしまい、これがドライアイとなります。
このドライアイ放っておくと大変なんですよ。

もちろん、青クマの原因にもなりますし、目薬などで対策をとらなければひどくなってしまいます。

〇眼精疲労、体の疲労

パソコン、スマホ、ゲームのし過ぎで目を酷使してしまうと青クマの原因に。
目は集中的に一つのものを見ると、ピントを合わせようとして力を使い、疲れてしまうのです。

目の疲れだけでなく、時には肩こり、頭痛、めまいなど、身体的にも色々な症状を引き起こします。
そんな時はホットアイマスクなどで対策しましょう。

〇睡眠不足、ストレス

睡眠不足とストレスと聞くと、すぐにお肌の状態に表れるもの、と繋げてしまいます。
それも例外ではなく、青クマには睡眠不足とストレスが原因となるのです。

つい夜更かしして、次の日に青クマが出来ていたという体験をした人も多いかと思います。
不規則な生活=睡眠不足
と繋がるように、生活習慣自体を変えないと青クマからは離れられないかもしれませんね。

適度な運動やストレス解消法も必要になってきます。

目の下という小さい範囲で出来てしまう青クマでありながら、こんなにもあらゆる原因が隠されていたんですね。
自分で改善できることは、積極的に改善していきたいですね。

青クマ?茶クマ?あなたはどっち?その見分け方とは!?

目の下のクマは色分けで原因が違うこと知ってましたか?
青クマ、茶クマ、黒クマと3種類の色別クマがあるんです。

ここでは、若い方も悩まされる眼精疲労から出来る青クマと、紫外線によって出来る茶クマについて、その原因、見分け方、解消法を学んでいきましょう。

〇青クマの原因

青クマの主な原因は血行不良です。
目の下の皮膚って顔の中でも最も薄くてデリケートですよね。

血行不良によって血液の中の酸素が足りなくなると、血液が黒みがかってしまいます。
それが青黒く透けて見えるのが、青クマの正体です。

目の周りの血流が滞るのにはこんな原因があります。
まず、パソコンやスマホを長時間使って、目を酷使してしまっていること。
これこそ現代病と言えますが、現代女性の目の下に青クマが出来ているのは、パソコン、スマホの普及と比例しています。

その他、睡眠不足、肉体疲労、冷え、ストレスなどもおおいに原因に成り得ます。

また、生理により血行不良や貧血が起こることで、生理中や生理前にも青クマが出来てしまうことがあります。

〇青クマの見分け方

青クマは常にあるものではなく、その日の体調によって変化します。
目の下の皮膚を引っ張ってみて薄くなったら、それは青クマです。

〇青クマの解消法

蒸しタオルやホットアイマスクで目を温めて血行を良くするのがいいですね。
また、ライフスタイルの見直しも大事な課題です。

睡眠不足やストレスによっても青クマは出来てしまうのですから、いかに規則正しい生活をして、ストレスフリーの状態でいることが大事かお分かりだと思います。

パソコンやスマホを長時間使う場合は、間、間に目の休息の時間を作りましょう。
この青クマにはオレンジ系のコンシーラーが合います。

〇茶クマの原因

刺激や紫外線による色素沈着が主な原因です。
紫外線によって日焼けした時に、お肌が焼ける(茶色くなる)のと同じ仕組みで茶クマは出来ます。

刺激を受けた目の下の皮膚は、自分を守るためにメラニン色素を作り出しています。

目の下の皮膚はデリケートなので、他の部位よりも紫外線ダメージを受けやすくなっています。

また、洗顔やクレンジングの時のゴシゴシ洗いも原因の一つになります。
目がかゆい時こすってしまう。
アイメイクの時の刺激なども原因に。

〇茶クマの見分け方

目の下を引っ張ってクマが動いたら茶クマのサイン。
皮膚に色素が沈着してしまっている訳ですから、皮膚と一緒に動くのです。

〇茶クマの解消法

紫外線ダメージを軽くするために、目の周りの入念なUVケアが何より大事になってきます。
顔にUVクリームを塗るときは、目元にもしっかり塗りましょう。

毎日のスキンケアでは、メラニンの生成を抑えてくれるビタミンC誘導体や、ハイドロキノン誘導体を配合した美白コスメを選ぶといいでしょう。

また、乾燥も茶クマの原因の一つなので、アイクリームなどを利用して目元の保湿を徹底したいところです。
食事面でも美白を意識したものを食べるなどして、目元の色白を取り戻しましょう。

茶クマにはイエロー系のコンシーラーが合いますよ。

ここまで、黒クマと茶クマについて語って参りました。
たかがクマだと侮っていると、どんどん老け顔になっていきますよ。

目はその人を表す一番印象深いものです。
目元美人を目指すなら、青クマも茶クマもいらないですよね。

青クマにサヨナラ!解消法とアイクリームの選び方!

まだ若いのに目の下にクマが出来ている!ショック!
という人が増えているようなんです。
その目の下のクマ、一般的に青クマと呼ばれるもの。

青クマというのは血行不良で起こる目の下のクマ。
その過程を簡単に説明しますと・・・。

目の周りにはたくさんの毛細血管があって、その血管に上手に血液が流れないと、薄い皮膚から毛細血管が透けて、青っぽく見えるということなんです。

じゃあ、どうして血流が悪くなるのでしょうか?

それは、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、目の疲れ、ドライアイが関係しているのです。

また、現代だからこその理由では、パソコンやスマホ、ゲームなど、画面を長時間見続けることでも起こってしまうことが分かっています。

ですから、まだ若いのに青クマが出来てしまうという訳なんですね。

そんな青クマの解消法はどんなものがあるのでしょうか?

お風呂から上がった時には青クマって消えているんです。
入浴によって温まって血流が促進出来ているからです。

目の下に出来るクマとしては、加齢によって出来る黒クマと、紫外線の影響で出来る茶クマがありますが、青クマが一番簡単に解消できるのです。

ですが、生活習慣に問題があって出来てしまった青クマもありますし、体質的に血行が悪く冷え性で出来る青クマもありますので、中にはなかなか消えない人もいます。

そんな青クマの解消法を具体的に考えてみました。

まず外的な解消法として、
①目のツボ押しとマッサージ
②首と肩を中心にした上半身のストレッチ
③ウォーキングなどの全身ストレッチ
が挙げられます。

内的な解消法としては、
①しょうが、玉ねぎ、にんにく、ニラなどに含まれる硫化アリルという成分を摂取
②オメガ3系脂肪酸や葉酸など血液をサラサラにする成分や、ヘモグロビンの元になる鉄分を摂取
③冷え性を改善する漢方薬を利用
が挙げられます。

こうして並べて書いて見ると、一つ一つは簡単に出来そうな感じですが、これら全部を実践するとなると、かなり大変ですよね。
そこまで気を遣えない。
そんな時間はない。
という方には、アイクリームを解消法の一つとして提案します。

アイクリームの中でも、血行促進成分であるビタミンE、ビタミンC誘導体配合のものを使うといいと言われています。

でも、ここで一つ注目して欲しいのは、アイクリームってスキンケアアイテムの中でも値段が高いという問題点があるのです。
平気で2~3万円のアイクリームもありますよね。

でも、アイクリームは長く続けていく必要があるので、プチプラであってくれないと、なかなかハードルが高いものです。
そこで、今回プチプラでありながら、高価も優秀なアイクリームとして「アイキララ」をお勧めしたいと思います。

アイキララは原因の根本にフォーカスしている、名前だけ一人歩きしているようなクリームではありません。

今までの化粧品では満たされなかった方々が、その効果を実感しています。
また、価格も2.682円から始められます。

青クマでお悩みの方には、アイクリームという選択肢を追加して、アイキララも試してみて下さい。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

青クマは消せる?その治し方で目元美人に!?

こちらは全然元気なのに、「どうしたの?最近疲れてるの?」と言われることありませんか?
それって、目の下のクマがそうさせているかも。

目の下にクマがあるだけで、見た目年齢が5歳も上がるんだそうで、老け顔の原因となっているんですね。

青クマは血行不良で見えてしまうクマですが、日によってクマの濃さが変わるのが特徴です。
その日の体調が目の下のクマにまで表れてるんですね。

それでは青クマの治し方を学んでいきましょう。
青クマでお悩みの方には是非参考にしてほしいです。

〇血行を促進する

ダイレクトに効果を発揮するのはマッサージです。
目の下は皮膚が薄いので、間違ったマッサージは逆効果になります。
シワが増えたりするリスクがあるんです。

デリケートな目の下ですから、マッサージというより「ダッピング」が適しています。
ダッピングとは、指先の腹の部分を使って、軽く叩くように刺激を与える方法のことです。

余分に力が入らない中指と薬指の先を、目の下のクマの部分に当てて、1秒に1回というペースでトントントン・・・と叩いていきます。
それを30回ですから、30秒でダッピング完了です。
簡単ですし、どこでも出来ますから、今日から始められますね。

〇蒸しタオルで温める

お湯をいちいち沸かすのが面倒臭い方は、電子レンジでチンするだけでOK。
おしぼりを水で濡らして絞ったら、そのままクルクル丸めて電子レンジで1~2分チンするだけで完成です。

それも面倒くさいと言う方には、市販のホットアイマスクでも代用可。
時と場所を選んで出来ますね。

青クマの場合は目の下だけでなく、顔全体の血行が滞っている状態なので、首や肩を蒸しタオルで温めるのもお勧めです。
よく美容院などでシャンプーをしてしもらったら、首に温かいタオルを当ててくれますよね。
あれって、すごく気持ち良くて、疲れが取れると思いませんか?

〇ビタミンEを補給する

血行促進に効果的な「ビタミンE」を積極的に摂りましょう。
アーモンドやアボガドなども配合されています。

〇目を適度に休ませる

パソコンやスマホの長時間利用も青クマの原因の一つです。
パソコンやスマホを1時間使ったら、5分目を休めてあげましょう。
目薬を使ってもいいですね。

〇オレンジ系のコンシーラーを使う

これは、治し方ではありませんが、もし、青クマがあまりにも気になる方は、コンシーラーで誤魔化すという方法もあります。
本来は根本的にアプロ―チしていかなければ、青クマを治すことに繋がらないのですが、一時的な避難としてコンシーラーを上手く使うものアリです。

〇アイクリームを使う

様々なアイクリームが出ていますよね。
スキンケアのついでにクリームを塗ってマッサージする訳ですから、目の下のクマにはかなり効果的な治し方だと思います。

このように、青クマの治し方は色々ありますが、やはり目元はデリケートな部分ですから、丁寧に優しく扱っていくことが大事ですね。
体の不調が目の下にまで現れるという点では、日々の生活習慣自体を治していくことも求められることですね。